「ご都合主義」ここに極まる!?“修正主義者”の70年談話   成瀬 裕史

 戦後70年、せっかくの節目の終戦記念日・8月15日の紙面が、中身のない「首相談話」に占領されてしまった。


 結局、談話を要約すると、

「富国強兵策が日本の独立を守りアジア・アフリカの人々を勇気付けた」
⇒日本は悪くない

「世界恐慌後の欧米の経済ブロック化が日本を孤立化し、力の行使に」
⇒悪いのは欧米

「我が国は、先の大戦への反省とお詫びの気持ちを表明してきました」
⇒主語は「我が国」、しかも過去形

「残留孤児を育ててくれた中国人、戦後日本を訪れ慰霊を続ける連合国元捕虜の寛容に思いを致し」
「我が国は、和解に尽力頂いた全ての国々・人々に感謝」
⇒相手の寛容に感謝を表するだけ?

「戦争に何の関係もない(?)子孫や先の世代に、謝罪を続ける義務を負わせてはならない」
⇒ならば、そのための「けじめ」は?

「日本人は、過去の歴史に真正面から向き合い、謙虚な気持ちで過去を受け継ぐ責任」
「戦後復興は、旧敵国の恩讐を越えた善意と支援のおかげ」
⇒「戦後支援への感謝」だけでは歴史に向き合っていない

「私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、胸に刻み続けます」
「だからこそ、いかなる紛争も法の支配を尊重し力を行使せず、平和的・外交的解決の原則を堅守」
⇒法の支配を尊重せず(?)武力協力を可能とする「安保法案」とは?

「私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます」
「だからこそ、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で公正で開かれた国際経済システムを発展」
⇒中国に対抗し、米国・グローバル企業の恣意に左右されるTPPとは?

「私たちは、国際秩序(米国)への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます」
「だからこそ、自由、民主主義、人権といった基本的価値(米国の価値?)を揺るぎないものとして堅持し、
その価値を共有する国々(米国同盟諸国?)と手を携えて、
「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界(米国)の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります」
⇒結局、米国への「忠節宣言」談話ですか…


 結局のところ、「過去を、この胸に刻み続けます」と言いながら、今、自らの政権がやろうとしている、
「安保法案」による国外での自衛隊の「力の行使」、
「TPP」による米国が中心となった「経済のブロック化」、
「積極的平和主義」の名の下の米国軍への「血の貢献」、
を“正当化”しているだけではないのだろうか…?



「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない」
「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」
「我が国は、そう誓いました」

「法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました」
「私たちは、この不動の方針を、これからも貫いてまいります」


だったら何故、“違憲”といわれても「法の支配」を軽んじ、
「集団的自衛権行使」の名の下、国際紛争を解決する手段として、自衛隊に「弾薬の輸送」という武力行使を認める
安保法案という名の「戦争法案」を、
「積極的平和主義」という“詭弁”を使って、
「強行採決」までして成立させようというのか…?


 私は、この「談話」を表明した方の頭の中・ロジックを、
到底、理解することが出来ないのであるが…。

 ましてや、過去に対する「過ちの認識」と「お詫び」を求める相手に対し、
「寛容に対する感謝」を言い募って済むと思う認識を…。


  •  安倍総理の70年談話 福沢諭吉の「天は人の下に人をつくらず、言えり を思い出しました。「言えり」を読まず、福沢賛美するひと結構いますので。 --- 八代 勝美 (2015/08/15 19:17:50)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証



  • 最終更新:2015-08-15 13:37:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード