「プラス2%」が救った野党“壊滅”  成瀬 裕史

 “大本営”大手マスコミの「改憲勢力、3分の2うかがう勢い」との序盤情勢どおりとなった参院選挙。

 こうした中、1人区は前回の[自民29:野党2]から、今回は[自民21:野党11]と、「野党共闘」に一定の成果が現れた結果となった。

 今回の参院選投票率は54.70%で、前回の52.61%に比べ2.09ポイントの上昇となったが、この「僅か」といえる投票率の差であったが、この「プラス2%」が、1人区での野党の“健闘”に繋がったといえるのではあるまいか。

 野党が1人区で勝利した11選挙区の投票率は、青森県55.31%(前回46.25%)、岩手県57.78(57.53)、宮城県52.39(50.75)、山形県62.22(60.76)、福島県57.12(54.52)、新潟県59.77(55.82)、山梨県58.83(56.65)、長野県62.86(57.72)、三重県59.75(57.82)、大分県58.38(53.15)、沖縄県54.46(53.43)と、全ての選挙区で前回より上昇している。

 また、同11選挙区での勝利した野党と自民の得票数は、青森県で302,867票対294,815票、岩手県で328,555対252,767、宮城県で510,450対469,268、山形県で344,356対223,583、福島県で462,852対432,982、新潟県で560,429対558,150、山梨県で173,713対152,437、長野県で574,052対499,974、三重県で440,776対420,929、大分県で271,783対270,693、沖縄県で356,355対249,955で、特に新潟県では2,279票、大分県では1,090票と、まさに「薄氷」の勝利であったが、投票率の上昇がなければ有り得なかった「勝利」ともいえる。
   
 また、自民と民主で定数2を分け合っていた北海道では、1増となった3人目を491,129票対482,688票の8,441票差の僅差で民進が勝利したが、この北海道でも投票率は56.78%で前回の54.41%に比べ上昇している。

 一方、定数4を自公とお維2で改憲勢力が独占した大阪府の投票率は52.23%で前回の52.72%を下回っている。

 逆に舛添知事の辞任問題で「盛り上がった?」東京都では投票率が前回のは53.51%から57.50%と上昇し、これに伴い、苦戦を伝えられていた民進の現職が、辛うじてお維の新人を抑えて定数6の最後に滑り込んだ。

 ちなみに農業地帯の北海道・東北や甲信越では「TPP」、沖縄では「基地問題」が争点化されており、この点に関する地元報道機関による“正常”な「報道」が、投票率を上昇させ、野党の勝利に繋がったと考えられる。

 逆にいうと、政権からの選挙報道自粛要請(?)に呼応し(?)、参院選よりもその先の都知事選候補者選びに重きを置いた(?)マスコミの報道姿勢に助けられ、与党は改選過半数を制し、改憲勢力が3分の2を上回るという、政権側の「大勝利」となった。

 言い換えると、選挙の「争点」さえしっかり提示できれば、農業地帯の1人区のように、野党側も十分「勝利」できることが、今回の選挙で“実証”されたともいえる訳であり、民進党の岡田代表をはじめとする野党側は、統一名簿化が出来なかったこととともに、政権側の「争点ぼかし」のペースにまんまと引き込まれてしまった自らの「力量不足」を“猛省”していただきたい。

 くれぐれも、自民党側からでている「野党共闘は失敗した」「共産党と組まなければ民進はもう少し勝てた」などという言説に惑わされることのなきように…。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-07-11 23:13:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード