憲法9条にノーベル平和賞を ~ 浜地道雄

新しいサイト(ご苦労様です。感謝)、使いかたが
良くわかりませんで、失礼・ミスがあったらお許し下さい。

新年、心配なのが「特定秘密保護法」と「日本版NSC」の施行。
それが「憲法9条改正」に通じると恐れるからです。

そんな折、天木直人氏のブログを通じて1月3日付け「東京新聞」の
「憲法9条にノーベル平和賞を」というネット運動を知り、早速、賛同クリックをしました。

そして次のコメントを入れました。

1) 私は基本的には親米派です。安倍内閣の色々な政策に
ついても「条件付き」ながら、賛成です。
しかし、一点反対なのが「憲法(9条)改正」への動き。
その「愚」はカーブボールというひとことで自明です。

国際ビジネスマンとして、世界を駆けてきましたが、日本は世界の平和を
リードできる立場にあり、その要が憲法九条です。
ノーベル賞への運動。ぜひ、国際展開をしましょう。

2)「推薦資格者」のリストを作り、全てオープンとして、その方々に(メールで)賛否を問いかけ、その結果を公表してはどうでしょう。支持派であれ、反対派であり、ご本人の意向ですから、フェアな評価ができましょう。

JANJAN(ブログ)休刊で、市民ネット・メディアの影響力(のなさ)にガッカリしてたところですが、この「憲法9条をノーベル平和賞に」運動は最強の護憲運動になることを期待します。

グローバル化の今、最も重要なことは異文化理解。平和を祈念しつつ
明日の講演を準備中です。

   浜地道雄 TBE03660*nifty.com



  • 最終更新:2014-01-05 22:27:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード